披露宴の流れ Part1
披露宴の流れ Part2
披露宴の演出
婚約指輪と結婚指輪 Part1
婚約指輪と結婚指輪 Part2

婚約指輪と結婚指輪 Part1

二人の絆を強く結ぶための特別なアイテム、婚約指輪と結婚指輪。結婚という儀式では、必ずと言っていいほど目にするものであります。結婚式=指輪と いうのが当たり前のように考えられているものですが、そもそも結婚と指輪の関係はどういうものなのでしょうか?結婚には何時から指輪が登場するようになっ たのか、婚約指輪と結婚指輪の違いとは何か?などなど、二人の永遠の愛を誓う結婚と婚約指輪、結婚指輪についてお話しましょう。

日本だけでなく、世界のいろいろな場所で様々な結婚式が行われ、そして愛を誓うための指輪の交換ももちろん行われていますが、皆さんはなぜ結婚式で 指輪が用いられるようになったのか考えたことがありますか?『どこでも当たり前にやっているものだから』という方も少なくないと思います。現に私自身もそ うで、結婚式=指輪というのが私の結婚式に対する考えになっています。ではなぜ結婚式に指輪が登場するようになったのでしょうか?婚約指輪と結婚指輪の二 つの指輪についてのお話の前に、まずは結婚式と指輪の関係からお話しましょう。

婚約指輪や結婚指輪について

婚約指輪と結婚指輪この二つの指輪共に、結婚式との間には長い長い歴史において切っても切れない関係にあります。結婚式に指輪が登場するのは今から 遥か昔の古い時代のローマの地。二人の永遠の愛を誓う婚約指輪として実に千年以上も前から婚約指輪が登場します。結婚指輪も登場しており、その頃からごく 当たり前のように人々は結婚の際には結婚指輪の交換を行っていました。このように、婚約指輪、結婚指輪共にその時代に既に日常的に、人々の間で日常的に行 われていたのです。遥か昔の時代から当たり前のように行われた指輪の交換、そう考えると現代の私達が結婚式=指輪という考えになるのも納得してしまいま す。遥か昔から現代に至るまでのその人々の文化が強く根付いているのですからね。

結婚式と指輪の関係の始まりが分かったところで、次に婚約指輪と結婚指輪についてのお話です。結婚式において必ずと言っていいほどこの二つの指輪は 登場します。それがごく当たり前になっているのですが、皆さんは婚約指輪と結婚指輪のこの二つの指輪の違いについてご存知でしょうか?

婚約指輪

まず婚約指輪。この指輪はエンゲージリングとも言われています。この婚約指輪は結婚指輪のような指輪の交換をしません。婚約指輪は結婚のお約束をす るための指輪なので、結婚式の前の段階で登場することになります。男性から女性へ向けて、愛を込めてプレゼントするものです。婚約指輪は結納の前に相手の 女性にプレゼントすることが多いですが、最近では結納をするカップルが少なくなっており、婚約指輪をプレゼントする機会は相手の女性へプロポーズする時な どに登場することもあります。

結婚指輪

結婚指輪は二人が結婚式の披露宴の場で、永遠の愛をお互いに誓うために使います。結婚指輪の名前の通りですね。婚約指輪のエンゲージリングという風 に、結婚指輪にもマリッジリングという名前があります。マリッジリングという響きがどことなくやさしさと愛を感じさせてとても素敵な名前です。最近では婚 約指輪や結婚指輪よりも、エンゲージリングやマリッジリングという名前が使われることが多くなってきたように思います。あまり聞きなれないという方はどち らがどちらの名前なのかこんがらがってしまうかもしれませんが間違わないように気をつけましょうね。

結婚指輪の登場する披露宴では、結婚指輪を交換するこの場面が特にロマンチックで素晴らしいシーンでとても幸せな気持ちになります。結婚指輪の交換では指輪はお互いの左手の薬指にはめて愛を誓います。

婚約指輪、結婚指輪の更に詳しいお話は別ページで続きますので、こちらをご覧になっている方はそのまま次のページをご覧下さい。